利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中や授乳中に使っても問題ない?

利尻 ヘア カラー トリートメント 授乳 中

大人気の白髪染めトリートメント「利尻ヘアカラートリートメント」。
肌にやさしそうなイメージだけど、妊娠中や授乳中に使っても問題ないのでしょうか?

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトの説明では

利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトによると、妊娠中や授乳中の使用について「使用してはいけない」とは記載されていませんでした。

利尻カラートリートメント 妊娠中

妊娠中や授乳中、薬を服用している方は、身体がとてもデリケートな状態です。過去に商品を使用して、何ら問題のなかった方でも、異常を感じられる場合がございます。ご心配な場合は、一度かかりつけの主治医にご相談の上、パッチテストを行ってからご使用ください。

通常の白髪染めの説明は

二剤を混ぜるタイプのジアミン系ヘアカラーだとどういう記載になっているでしょうか?
ロレアルパリエクセランスの使用上の注意を見ると、次のように「妊婦の方は染めないでください」と明記されています。

ロレアルパリエクセランス 妊娠中

妊娠中の使用が絶対ダメならこのように記載があるはずなので、利尻ヘアカラートリートメントは、妊娠中の使用が禁止されていないということですね。
だからといって、積極的に使ってよいものかどうかはわかりませんが・・・。

妊娠中の白髪染めと経皮毒の問題

使用上の注意は「皮膚のかぶれ」を主な問題としています。

しかし、ほかにも妊娠中に気になるのは「経皮毒」という問題です。
この経皮毒とは、皮膚を通して悪い成分が血液に取り込まれてしまうということです。
皮膚から成分を本当に取り込めるの?と思ってしまいますが、実際にニコチンパッチなど皮膚から成分を取り込んで治療を行うものも存在しています。

経皮毒は「科学的に証明されていない!」という人もいますが、「皮膚から悪い成分を取り込むことは絶対にない」とも証明されていません。
今のところはっきりとした答えがないのですが、もし経皮毒が気になるのであれば後で後悔してしまわないためにも、心配なものはなるべく使用しないようにしたほうがいいかと思います。

化学物質を100%排除して生活するのは不可能でも、なるべく化学物質が少ないものを選んだり、肌への刺激が少なそうなものを使用するなどの工夫ができますね。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメントの成分をチェック

【植物成分】
水添ヤシ油、ローマカミツレ花エキス、ローズマリーエキス、ミリスチン酸、ボタンエキス、プラセンタエキス、フユボダイジュ花エキス、パーシック油、ニンニクエキス、トコフェロール、センブリエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ステアリン酸グリセリル、ゴボウ根エキス、ゲンチアナエキス、カワラヨモギエキス、カミツレエキス、オランダカラシエキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジンエキス、オクラエキス、アルニカ花エキス、アルテア根エキス、PEG-40水添ヒマシ油、オオウメガサソウ葉エキス、ユズエキス

【天然植物色材】
水溶性アナトー、クチナシ青、シコンエキス、ウコンエキス

【その他成分】
エタノール、イソペンチルジオール、水(特殊水)、ベヘニルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ミリスチルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、加水分解シルク、加水分解ケラチン、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、キトサン、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、システイニルプロアントシアニジンオリゴマー、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、セテアリルグルコシド、ポリ-γ-グルタミン酸Na、加水分解コンキオリン、水酸化K、BG、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4、塩基性青99

ジアミン系染料は入ってる?

利尻ヘアカラートリートメントにはジアミン系染料が含まれていません。
利尻ヘアカラートリートメントに含まれる主な染料は、HC染料と塩基性染料です。

HC染料とは、分子の大きさがとても小さいので髪の毛の表面にあるキューティクルを壊すことなく内部に侵入し、着色することができます。
カラーバリエーションが多いのですが、イオン結合して着色するわけではないので色持ちが悪いのが特徴です。

塩基性染料とは、分子が大きくプラスの電荷をもっているので、髪の毛の内部に入るのではなく髪の毛の表面にあるマイナス電荷とイオン結合することで髪の毛の表面で着色します。
分子が大きいので、髪の毛の内部に侵入することはできませんがイオン結合するため色持ちがいいです。
しかし、カラーバリエーションが少ないのがデメリットとなります。

このHC染料と塩基性染料は、二つを掛け合わせることでお互いのデメリットを補うことができます。
一応、合成染料として分類されているものです。

ジアミン系染料が劇薬で医薬部外品に分類されるにに対し、HC染料と塩基性染料は比較的安全な染料として化粧品に分類されています。

有害な成分は入ってる?

ジアミン系染料のように劇薬といわれるほど有害な成分は入っていませんが、合成ポリマー、合成界面活性剤などが入っています。
HC染料や塩基性染料も安全だといわれていますが、一応この二つも合成染料です。

カラートリートメントにはどれもこれらの成分が含まれているため、気になるのであれば100%天然成分のヘナがおすすめです。

>>妊娠中や授乳中にヘナで白髪染めをしても問題ない?

どんな香り?

利尻ヘアカラートリートメントには香料が入っていません。
エッセンシャルオイルなどで香り付けも行っていないため、無香となります。
においに敏感な方にはうれしいですね。

結論

妊娠中に使用するのは100%安全と言い切れるものではありませんが、白髪染めの中ではかなり安心して使用できる部類のものです。
合成香料を使わないなど、安全性に気を配って作られていることがわかります。

妊娠中に利尻ヘアカラートリートメントを使う際の注意点

妊娠中は肌がとても敏感になっているため、初めて使う場合は念のためパットテストを行うことをおすすめします。

比較的安全な「化粧品」に分類されていますが、一応合成染料なので頭皮につける時間は短くしたほうがいいかと思います。
しっかり染めたいからといってあまり長く放置せずに、10~20分を目安にしたほうがいいでしょう。