妊婦の白髪染め、ノンジアミンなら大丈夫?おすすめ2選

白髪染めに含まれる「ジアミン」が劇薬だということは有名ですよね。
特に妊娠中は、絶対に避けた方がいいです。

ジアミンが入っていない白髪染めはいろいろあるので、それぞれの特徴とおすすめの白髪染めを紹介します。

ノンジアミンの白髪染め一覧

ノンジアミンカラー

取り扱っている美容院は少ないのですが、ノンジアミンカラーというものがあります。
たとえば、こちらの「ヘルバ」というカラー剤が代表的なものです。

ヘルバ ノンジアミン 白髪染め

ヘルバはヘアサロン専用のカラー剤で、基本的には一般の人が購入することはできません。

従来のノンジアミンカラーは、明るくすることしかできなかったり、色を入れることができないものばかりでした。
しかしヘルバは、1度染めることで色を明るくすることと白髪を染めること、この2つが同時にできます。

ヘルバはジアミンを含まない酸化染料ですが、ジアミンが入っていないこと以外は普通のヘアカラーと同じです。
そのため、1回でしっかり染まり色持ちが良いというメリットがある反面、髪や頭皮は傷んでしまいます。

おはぐろ式白髪染め

ジアミンアレルギーに困っている方におすすめなのが、「マロンマインドカラー」というヘアカラー剤です。

マロンマインドカラー ノンジアミン

このヘアカラーは、ジアミンを含む酸化染料や酸化剤などを一切含まず、ポリフェノールなどの天然植物性染料と鉄塩の化学反応によって髪の毛を染めてくれます。
ジアミンが入っていないので、ジアミンアレルギーを起こす心配がありません。

マロンは「おはぐろ式白髪染め」と呼ばれる分類になります。

1剤を塗ることでキューティクルを広げ、そこからポリフェノールが入り込みます。
1剤を塗った上から2剤を塗ることで、ポリフェノールと2剤に含まれる鉄塩が反応し黒くなります。
その後、キューティクルが閉まることで色を定着させてくれます。

脱色はしないので黒髪を明るく染めることはできませんが、白髪はしっかり染まります。マロンはドラッグストアでも販売されています。

ヘアマニキュア

ブローネ ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の毛の表面をカラーでコーティングするものです。
ジアミンは入っていません。

髪の毛をコーティングすることで、紫外線から髪の毛を守ってくれますし、つややハリが生まれます。
しかし、脱色するわけではないので明るい髪色にすることはできません。

また、ヘアマニキュアは頭皮や肌につかないように塗る必要があります。
というのも、肌につくと落ちないのと、タール色素と呼ばれる発がん性物質が含まれているからです。

頭皮や地肌につかないように塗ろうと思うと、セルフで染めるのはほぼ不可能です。

ヘナ

ヘナ

ヘナはオーガニック系のカラー剤です。
ヘナにはローソニアと呼ばれる色素成分が含まれており、髪の毛の成分であるケラチンに絡みつく性質があります。
この作用によって髪の毛がオレンジ色に染まります。

ヘナは白髪に色が入りやすいため、白髪染めに最適です。
ただ、脱色したり黒髪を明るく染めることはできません。
髪の毛の質やその時の体調などによって色も若干変わってしまうこともあります。

天然成分なので体への安全性はとても高いのですが、自分の思っているカラーには染まらないかもしれません。

カラートリートメント

カラートリートメント

カラートリートメントは、トリートメントに染料を加えたもので、髪の毛の表面を染めるものです。髪の毛をいたわりながら染めていくことができます。

含まれている染料は、HC染料と塩基性染料です。
この二つは酸化染料のように無理矢理キューティクルを開いて染めるのではなく、キューティクルの表面の隙間に少し入り込むとともに、髪の毛の表面にあるケラチンとイオン結合することで髪の毛を染めていきます。

失敗なく誰でも簡単に染められることから、人気が高まっています。
ただ、一度でしっかり染めることができないのと、色持ちが良くないので週に1〜2回などのペースで行わなければいけません。

ノンジアミンでも妊娠中は避けるべき白髪染め

ノンジアミンカラー

ノンジアミンカラーにはジアミンが含まれていません。
そのため、一見妊娠中でも使用して大丈夫なように思えますが、「鉛」や「タンニン」などの刺激の強い成分が含まれていることがあります。
これらは刺激が強く、かぶれやすいので妊娠中は特に注意しておきたい成分です。

「ジアミンは入っていない」というだけで、やはり刺激の強い薬剤なんです。

おはぐろ式白髪染め

おはぐろ式白髪染めもジアミンは含まれていませんが、染める前にはパッチテストを行うように注意書きがあります。
ポリフェノールと鉄塩の化学反応で染めるのでかぶれることもあります。

また、若干血液のようなにおいがするので気分が悪くなる人もいるようです。
妊娠中は控えたほうがいいかと思います。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアにはジアミンは含まれていないものの、タール系色素が含まれています。
この成分は旧表示指定成分で発がん性物質となっています。
基本的には頭皮につかないように使用するものですが、どう頑張ってもすすぐときに頭皮についてしまいます。

また、ベンジルアルコールによってかぶれる場合もありますので、妊娠中は控えたほうがよさそうです。

妊婦におすすめのノンジアミン白髪染め2選

100%ヘナ

100%天然成分のヘナは、植物アレルギーの問題さえクリアできればおすすめのカラー剤です。
ただ、植物アレルギーを発症すると結構重篤な症状になることがあります。
妊娠中は肌が敏感なので、面倒でもパッチテストをしてから使った方がいいですよ。

特にインディゴをまぜたヘナは植物アレルギーを起こしやすいので要注意です。

それから、ヘナは外国から輸入されるものなので、現地でわけのわからないものが混ぜられていることが実際よくあります。
100%天然と書いてあるだけでは信用できないので、信頼できるブランドのヘナを購入するようにしましょう。

>>妊娠中や授乳中にヘナで白髪染めをしても問題ない?

カラートリートメント

カラートリートメントは、安全性の高い「化粧品」に分類されている染料を使用したものです。
刺激の強い成分は含まれていないので、素手で染めても問題ないほどです。(爪の間に入ると落ちにくいので手袋をした方がよいとは思いますが)
妊娠中でも比較的安心して使用できます。

ただ、カラートリートメントでもアルコールや合成香料が含まれているものは、多少かゆくなる人がいるかもしれません。
なるべく無添加のものを選ぶようにしましょう。