ルプルプは妊娠中の白髪染めに使っても問題ない?

ルプルプ 妊娠中

大人気の白髪染めトリートメント「ルプルプ」。
肌にやさしそうなイメージだけど、妊娠中に使っても問題ないのでしょうか?

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

ルプルプ公式サイトの説明では

ルプルプ公式サイトを見てみると、妊娠中に使用したい場合は主治医に相談することをおおすすめしています。
妊娠中は絶対に使用してはいけない、というわけではなさそうですね。

ルプルプ 妊娠中

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、お肌がデリケートになりがちです。念のためご使用前に主治医にご相談ください。

通常の白髪染めの説明は

一方で、二剤を混ぜるタイプの通常の白髪染めだと妊娠中に使用についてどのように記載されているでしょうか?

一例として、ブローネ泡カラーの使用説明書を確認してみます。

ブローネ泡カラー 妊娠中

「次の方は使用しないでください」として「妊娠中」と明記されています。
「念のため医師に相談してください」などではなく、妊娠中は使用してはいけないという書き方です。

妊娠中の白髪染めと経皮毒の問題

カラートリートメントや白髪染めの注意書きでは、妊娠中に使用するときの注意は「皮膚のかぶれ」を問題にしています。
でも、多くの妊婦さんが心配しているのは「経皮毒」の問題ですよね。

「経皮毒」とは、皮膚を通して悪い成分が血液に取り込まれてしまうことです。
食べたり飲んだりしたわけでもないのに、皮膚から成分を体内に取り込めるの?と思ってしまいますが、禁煙するときのニコチンパッチなども皮膚に貼り付けることで成分を血液に取り込んでいきますよね。
なので全くあり得ないという感じでもなさそうです。

この「経皮毒」については、現在意見が分かれています。
化学的に証明されていないという人もいますが、絶対あり得ないということも証明されていません。

有害な影響を与える可能性があるなら、妊娠中は気をつけておきたいところです。

ただ、化学物質を100%すべて排除することは不可能ですし、過剰に心配し過ぎてしまうとストレスになってしまいます。これではかえって体に良くありませんよね。
なので、100%は無理でも、刺激の強いものはなるべく避けるようにしたり、肌に優しそうなものを使用するという程度に意識した方がいいのではないかと思います。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

ルプルプの成分をチェック

ルプルプの成分はこちらです。

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール

ルプルプにジアミン系染料は入ってる?

ルプルプには、ジアミン系染料は入っていません。
ルプルプに使用されている染料は、HC染料と塩基性染料です。

HC青2、HC黄2、HC黄4と記載しているものがHC染料、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16と記載しているものが塩基性染料です。

HC染料とは、分子の大きさがとても小さな染料となっており髪の毛の外側にあるキューティクルを壊すことなく内部にそのまま入り込むことができます。
塩基性染料は分子の大きさが大きいのでそのまま髪の毛の内部に侵入することはできませんが、プラスの電荷を持っているため髪の毛の表面にあるマイナスと結合することで髪の毛の表面に色をつけることができます。

塩基性染料はHC染料よりカラーバリエーションが少ないのに対し、イオン結合するので色持ちがいいです。
それに対しHC染料はカラーバリエーションが多いのですが、分子が小さいため色落ちが早いです。
この二つを組み合わせることで、お互いのデメリットを補うことができるというわけです。

HC染料と塩基性染料は一応合成染料となっています。
ただ、ジアミン系染料は劇薬として医薬部外品に分類されているのに対し、HC染料と塩基性染料は比較的安全な染料として「化粧品」に分類されています。

有害な成分は入ってる?

ジアミン系染料のように劇薬といわれるほど有害な成分ではありませんが、防腐剤や界面活性剤などが入っています。
HC染料と塩基性染料も、染料の中では安全なものですが、一応合成染料です。
ルプルプに限らず、カラートリートメントはどれもこれらの成分が入っています。

個人的にはこの程度であれば許容範囲だと思いますが、気になる方は100%天然成分のヘナを使用することをおすすめします。
あるいは、妊娠中・授乳中は白髪染めをガマンして、外出時だけウィッグで隠すという方法もあります。

どんな香り?

ルプルプには合成香料は配合されていません。天然精油による爽やかな香りが特徴的です。
アロマのような香りがするのですが、ほとんど気にならない程度です。

結論

100%安全と言い切れるものではありませんが、白髪染めの中ではかなり安心して使用できるものです。
刺激の強い化学物質はなるべく使わないように気を配って作られていると思います。

100%天然成分にこだわるなら「ヘナ」しかありませんが、諸々の理由でヘナはちょっと・・・という人にはルプルプはおすすめできる白髪染めです。

妊娠中にルプルプを使う際の注意点

初めて使うときはパッチテストを

ルプルプはパッチテストが不要な商品です。
ですが、妊娠中は肌が敏感になっているので初めて使う時は念のためパットテストをしておいた方が安心です。

公式サイトから購入すると初回購入時は10日間の返金保証があるので、パッチテストの結果もし肌に異常が出た場合、返品が可能です。

放置時間は短めに

比較的安全な「化粧品」分類ではありますが、一応合成染料なので頭皮につける時間は短くしたほうがいいです。
口コミを見てみると1時間くらい放置している人も結構いるようですが、10~20分程度の放置時間にしておきましょう。
染まりが悪いと感じても、3~5回繰り返し使うと染まります。