レフィーネは妊娠中の白髪染めに使っても問題ない?

レフィーネ 妊娠中

人気の白髪染めトリートメント「レフィーネヘッドスパトリートメントカラー」。
頭皮にやさしそうなイメージだけど、妊娠中に使っても問題ないのでしょうか?

レフィーネ公式サイトの説明では

レフィーネの公式サイトによると、妊娠または授乳中の使用について、絶対に使用してはいけないという内容は記載されていませんでした。
このような表現で記載されています。

ルプルプ 妊娠中

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーは、頭皮や人体に負担の少ない白髪染めですが、お使いになる前には、必ず掛かりつけのお医者さまへご相談ください。また、妊娠中(授乳中)はホルモンバランスが不安定なため、必ずパッチテストを行うことをお勧めいたします。

希望すれば購入前にパッチテストも送ってもらえるということで、良心的な対応ですね。

通常の白髪染めの説明は

一般的な白髪染め、つまり二剤を混ぜて使うジアミン系染料入りの白髪染めの場合、妊娠中または授乳中の使用は行ってはいけないとはっきり明記されています。
たとえば、サイオスオレオクリームの場合、使用説明書に次のように記載されていました。

サイオスオレオクリーム 妊娠中

妊娠中の使用が絶対ダメならこのように記載があるはずなので、レフィーネは、妊娠中の使用が禁止されていないということですね。
だからといって、積極的に使ってよいものかどうかはわかりませんが・・・。

妊娠中の白髪染めと経皮毒の問題

経皮毒とは、皮膚を通して悪い成分が血液に吸収されてしまうことを言います。
食べたり飲んだりして成分を吸収するのではなく、皮膚から成分を吸収することなんてあるのか疑問に思ってしまいますが、実際に皮膚に貼り付けて治療を行うニコチンパッチなどもありますので不可能ではないのだと思います。

白髪染めの使用上の注意に「妊娠中はしないように」と書かれているのは、妊娠中は皮膚がかぶれやすいからという理由です。
ですが、妊娠中は皮膚のかぶれだけではなく、経皮毒の心配をする方も非常に多いです。

妊娠中は何をするにも「赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのではないか…」という不安がつきまといますよね。

経皮毒については、「科学的な根拠がない」という人もいます。
しかし実際はそこまでしっかり研究が行われていないため、はっきりとしたことがわかっていないのです。
そのため、皮膚から悪い成分を吸収することは絶対あり得ない、とは言い切れないんです。

化学物質の入ったものを一切使わずに生きていくのは無理かもしれませんが、「なるべく気をつける」のは正解です。
気になっているなら、なおさらです。

後で後悔しないためにもせめて妊娠中・授乳中はなるべく安全な成分のものを選ぶよう気をつけておきたいですね。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

レフィーネの成分をチェック

レフィーネの全成分は次のとおりです。

水、セテアリルアルコール、セトリモニウムクロリド、DPG、ジメチコン、水添ポリイソブテン、エタノール、オレイン酸グリセリル、ミリスチン酸イソプロピル、PEG-2オレアンモニウムクロリド、クチナシ青、クチナシ果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、オタネニンジンエキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、オレス-30、コカミドMEA、水酸化Na、エチドロン酸、BG、イソプロパノール、乳酸、フェノキシエタノール、香料、(+/-)HC黄2、HC黄4、HC青2、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76

ジアミン系染料は入ってる?

レフィーネにはジアミン系染料は入っていません。
レフィーネに使われている主な染料は、HC染料と塩基性染料です。

HC染料とは、分子の大きさが小さいので髪の毛のキューティクルを壊すことなく、内部に侵入することができます。
そのため、何度使用しても髪の毛が傷みにくいです。
また、カラーバリエーションも豊富です。
しかし、HC染料はイオン結合を行わないため脱色しやすいというデメリットがあります。

塩基性染料は、髪の毛の内部に侵入するのではなく、もともと持っているプラスの電荷が髪の毛にあるマイナスとイオン結語することで髪の毛の表面に着色を行えるものです。
イオン結合を行うため脱色しにくいのがメリットですが、カラーバリエーションが少ないのがデメリットです。

この二つは、一緒に配合することでお互いのデメリットを補うことができます。

ジアミン系染料は劇薬として医薬部外品に分類されていますが、HC染料や塩基性染料は比較的安全な染料として化粧品に分類されているのも大きな特徴です。

有害な成分は入ってる?

ジアミン系染料のように劇物といわれるほど有害な成分は入っていませんが、シリコンや防腐剤、界面活性剤などの成分が配合されています。
HC染料や塩基性染料も安全だといわれてますが、一応合成染料となります。
カラートリートメントにもこれらが入っているので、合成染料が気になるのであれば100%天然成分のヘナを使用することをおすすめします。

>>妊娠中や授乳中にヘナで白髪染めをしても問題ない?

どんな香り?

レフィーネは白髪染め独特のツンとしたニオイはありません。
合成香料も使っていません。
レフィーネには、レモン、オレンジ、ライム、グレープフルーツ、レモングラス、ラベンダー、ニオイテンジクアオイ、パルマローザ、イランイラン、レモンユーカリなど10種の天然アロマが配合されています。
香りはあまり強くないので、そこまで気になりません。

結論

レフィーネは100%安全と言い切れるものではありませんが、通常の白髪染めと比べるとかなり安心して使用できるものだと思います。
合成香料も入っておらず安全性に気を配って作られていると感じました。

妊娠中にレフィーネを使う際の注意点

妊娠中は肌が敏感になっているので、初めて使用するときは念のためパッチテストを行いましょう。
レフィーネの場合、希望すれば商品を購入しなくてもパッチテスト用のサンプルを送ってもらうことも可能です。
また、公式サイトから購入すると初回購入時は14日間の返金保証も付いているので、購入した後に肌に合わないからやっぱり返品したい・・・というときでも安心です。

なお、レフィーネは比較的安全な化粧品に分類されていますが、一応合成染料が入っていますしシリコンや防腐剤も配合されています。
なので、頭皮につける時間はできるだけ短くしたほうがいいでしょう。
頭皮マッサージもできると記載していますが、わざわざ頭皮にもみ込む必要はないかと思います。