妊娠中や授乳中にヘナで白髪染めをしても問題ない?

ヘナ 白髪染め 授乳中

妊娠中や授乳中の白髪染め、赤ちゃんに悪影響が出ないかな・・・と気になりますよね。
「ヘナ」なら植物が原料だし、妊娠中や授乳中に使用しても問題ないのでしょうか?

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

100%天然のヘナとそうでないものがある

ヘナカラーは、100%天然の色素で作られていると信じている人は多いですよね。
でも・・・ヘナの名称で販売されている商品には、100%天然のヘナを使用している物とそうでない物があるようなのです。

私もこのことを知った時は、ビックリしてしまいました(; ・`д・´)
だって、ヘナを使用している人の多くは、ヘアカラーでアレルギー症状が出た人や頭皮や髪のダメージが気になっている人が、副作用を気にせず白髪染めができるから使っていますよね。
それが、100%天然ではないとなると・・・使うのが怖くなってしまいますよね。
現に、ヘナを使用してかぶれや湿疹の症状が出た人がいて、それをきっかけに国民生活センターでも注意を呼びかけているんです。

ヘナ=100%植物成分と思っていましたが、100%天然成分のヘナ以外にもヘナ商品があるのならしっかり知っておく必要はありますよね。
特に、妊婦さんや授乳中のママは自分だけではなく赤ちゃんにも影響が出てしまう恐れがあるので、注意が必要です。

どんなヘナ商品があるのか調べたので、チェックしてみてくだいね!

100%天然のヘナ

100%天然のヘナは、ヘナを100%使用しているかヘナに他のハーブや植物を混ぜたもののことを指します。
ヘナとは、ミソハギ科の植物で北アフリカなどで自生している多年生の植物です。日本では「指甲花」と呼ばれています。

ヘナには「ローソン」という赤色酵素色素が含まれていて、髪や肌や爪などタンパク質に反応し発色します。
したがって、ヘナ100%で染めると髪の毛はオレンジ色に染まります。

しかし、オレンジ色はちょっと抵抗があると言う人のために販売されたのが、ヘナに他のハーブや植物を混ぜた商品です。最も多く使われるのが「インディゴ」です。
インディゴとは、青色に染料を指しますが、髪に使われている色素の元なるのは天然由来の植物になります。
主にインディゴとして使われるのが、インドや東南アジアが原産のマメ科の植物なので、インディゴを混ぜたとしても100%天然成分です。

妊娠中・授乳中に使って問題ないか?

100%天然のヘナは、植物由来の成分なので頭皮や髪には安全ですよね。
でも、妊娠中や授乳中に使っても問題はないのでしょうか?

結論から言うと

  • 100%天然のヘナは、胎児に影響はない
  • 授乳中の使用の安全性は不明
となっています。

100%天然のヘナは、お腹の赤ちゃんへの悪影響の事例はないとされています。

授乳中については、メーカーの説明では
ヘナを使用することでお子さまに悪影響が出るという事例や報告はございませんが、お子さまの様子をよく観察する等、注意の上ご使用ください。」と書かれています。
心配な人はヘナで染めた時は授乳を少しお休みしてミルクで対応するのがいいと思います。

赤ちゃんへの影響とは別に、妊婦さん本人の「かぶれ」の問題はどうでしょうか。

100%天然のヘナは化学物質が入っていないので大丈夫と思うかもしれませんが、「植物アレルギー」を起こす人もいます。妊娠中の身体は通常と違い敏感になっているので、もしかしたらアレルギーを起こしてしまう可能性もあります。特にインディゴにアレルギー反応が出てしまう人が多いようです。

上記の点だけクリアできれば、妊娠中・授乳中でも使えると考えてよさそうです。

ジアミン系染料が配合されたケミカルヘナ

ケミカルヘナとは、医薬部外品のヘアカラーに含まれるジアミン系染料が配合されたヘナのことです。表示として、ヘナ商品に「ケミカル配合ヘナ・ケミカルヘナ・少量の化学染料を含む」と記載されています。
「ん・・・ということは?どういうこと?」

妊娠中・授乳中に使って問題ないか?

どういうことかと言うと「ケミカルヘナは人体には使えない」ということになります。

ん・・・?(?_?)

詳しく説明すると、ヘナは化粧品として認可された植物で化粧品の原料となるので「化粧品扱い」になります。一方、ジアミンなど医薬部外品の薬剤が配合されたヘナ製品は「雑貨扱い」になります。
そのため、この2つは混ぜて人体に使用することはできないのです!

使用できるのは「かつら用」などになり、人体に使う物として商品になって販売されていると薬事法に低触する可能性があります。
商品として販売されている可能性も否定できないので、購入するときはしっかり確かめるようにしてください。

何が混ざっているかわからない雑貨登録の輸入ヘナ

雑貨登録のヘナは、化粧品扱いでも医薬部外品でもありません。
そして、輸入品でしかも通関検査や中身の申告規制がないので、本当に何が混ざっているのかわからない商品になります。
もし、商品に成分表示があったとしても信用はできないというのが正直なところです。

妊娠中・授乳中に使って問題ないか?

雑貨登録になるので人体に使うことができませんし、人体に使うものとして販売されていたら薬事法に低触します。
人体には使えないので、妊娠中や授乳中にも絶対に使うことはできません

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

100%天然のヘナでもパッチテストを

安全だと思っていたヘナも実は色んな種類があって、決してすべてが安全というわけではないことがわかりました。

だから、使用するときは自分でしっかりチェックするのと信頼できるメーカーのヘナを選ぶことが大切です。
美容室でヘナで染めてもらう時は、ヘナを熟知しているサロンを選ぶのが安心ですね。

後、市販ヘナを使う場合はパッチテストは必ずおこなうようにしてくださいね。
100%天然成分であると信頼できるヘナであっても、植物アレルギーのリスクはあります。
特に妊婦さんは身体が敏感になっている時期なので、必ずおこなってくださいね。