ハーブカラーなら妊娠中でも安心して染められる?

美容院のメニューで「ハーブカラー」というのを見かけます。
ハーブだから自然な原料が使われていて安全そうなイメージですが、妊娠中にハーブカラーで髪を染めても大丈夫なのでしょうか?

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

ハーブカラーとは

ハーブカラーとは「ハーブを使用しているヘアカラー」の総称ですが、その中身はさまざまです。
今回、大きく3つの種類に分けて説明したいと思います。

1:ヘナも広い意味ではハーブカラー

化学染料が一切使用されていない、100%天然で出来ているヘナ。
ヘナもハーブの一種なので、広い意味ではハーブカラーになります。
分類的にはハーブカラーと言えるのですが、通常はヘナのことをハーブカラーとは呼ぶことはあまりありません。

2:化学染料が少し配合されたハーブカラー

「ハーブカラー」と言うときは100%天然成分ではなく、化学染料も配合されたものを指すことが多いでしょう。
ベースはヘナや他のハーブ、自然由来成分で出来ているので100%ではないものの、ほとんどが天然寄りになります。

しかし、天然の成分だけでは短時間で染まらない、色が選べないなどのデメリットが出てきます。
そのデメリットを補うために化学染料が少し配合されています。

配合されている化学染料は、化粧品染料に分類される安全なHC染料などの場合もありますが、劇物に指定されているジアミン系染料が配合されている場合もあります。
ジアミンアレルギーの人は、「ハーブカラー」という天然っぽい名前に惑わされないように注意が必要です。

「和漢彩染」や「香草カラー」

「和漢彩染」もハーブカラーの一種ですが、ジアミン系染料が含まれています。
和漢植物エキス(天然保湿)成分が含まれていますが、だからといってジアミン系染料の刺激を打ち消すものではないので、ジアミンアレルギーの人は使用できません。

「香草カラー」もハーブカラーの一種です。香草カラーには、ジアミン系染料配合のものとHC染料配合のものがあります。
HC染料はカラートリートメントにも使われている染料で、化粧品に分類される比較的安全な染料です。ただし、肌に優しい染料である一方、黒髪を明るく染めることはできないなど、デメリットもあります。

3:通常の白髪染めやヘアカラーに少しハーブを配合したもの

先ほど紹介した「ほぼ天然成分だけど化学染料も少し配合されたハーブカラー」とは違って、ベースが通常の白髪染めやヘアカラーで、そこに少しのハーブを加えたものを「ハーブカラー」と呼んでいることもあります。
ジアミン染料にほんの少しだけハーブを配合して「ハーブカラー」として安全なイメージを与えているということになります。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

ハーブカラーは妊娠中でも安心して使える?

以上のように、一言で「ハーブカラー」と言っても内容はさまざまです。
ジアミン系染料は劇物なので、特に妊娠中は避けたいところですが、単に「ハーブカラー」というくくりだけではジアミン系染料が入っているかどうか判断できません。

名前のイメージに惑わされず、そのハーブカラーがどういうものなのか美容院でしっかり確認した方がいいですよ。

妊娠中にハーブカラーで白髪を染めるなら、HC染料+天然成分のハーブカラー、または100%天然成分のヘナを選びたいところです。
いずれも絶対に100%安全と言い切れるものではありませんが、ジアミン系染料の入ったものよりははるかに安全です。

HC染料はカラートリートメントに使われている染料だと説明しましたが、カラートリートメントも手軽で安全なのでおすすめですよ。

妊娠中は美容院で長時間座っているのもキツいものがありますし、産後は赤ちゃんのお世話でゆっくり外出することもできなくなるでしょうから、自宅で手軽に染められて、しかも安全な染料が使われているカラートリートメントは、一番現実的な選択肢かもしれません。

>>妊娠中・授乳中におすすめのカラートリートメント