妊娠中の白髪、どうする?みんなの口コミと現実的な選択肢

妊娠中は口に入れるもの、肌に浸透するものすべてがお腹の赤ちゃんに影響するのではないかと思って、なんでも慎重になってしまいますよね。

白髪染めも、薬剤が髪や頭皮に浸透して悪影響があるのでは…でも染めなかったら老け込んでみっともないし…と悩んでいる人が多いです。

みんな妊娠中の白髪染めはどうしているのでしょう?

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

妊娠中でも気にせず白髪染めをするという口コミ

何も気にせず美容院で染めてもらってましたよ。妊娠初期も後期も行きましたが無事出産しています。何ともなかったです。
病院の先生に聞いたら、安定期に美容院で髪を染める分には問題ないと言われました
妊娠中の白髪染めが良くないと言われるのは妊娠中は肌がかぶれやすいからですよね。パッチテストして大丈夫なら特に問題ないと思いますよ。
化学物質が肌に浸透して胎児に・・・なんて、そんなことありえないと思います。美容院では特に何も言われず普通に染めてくれました。
気になる人はやめればいいし、気にならない人は染めればいい。その程度の問題だと思います。わたしはあまり気にしすぎてもストレスになってよくないと思ったのでガマンせず染めました。

実は胎児への影響は確認されていない

妊娠中の白髪染めやヘアカラーが胎児に悪影響を与えるかどうかについては、実ははっきりと論文などが発表されているわけではないようです。
なので、医師に確認しても「特に問題ない」と言われるケースが多いようです。

一応「経皮毒」の話などもありますが、細かいことまで気にし出したらキリがない。絶対ダメと言われていること以外は気にしなくてよい。気にしすぎはストレスになって、そちらの方が体に悪影響がある、といった意見がありました。

たしかに、あれもダメこれもダメと言われて、わずかな可能性でもすべて排除しようとなるとものすごいストレスです。
白髪だらけの頭が気になって仕方がない…という状態もストレスですよね。

妊娠中は白髪染めをしないという口コミ

ヘアカラーなどの刺激の強い薬剤を妊娠中に使うのは、日本ヘアカラー工業会では禁止されています。(美容師)
皮膚を通して吸収されて体内に毒素が貯まると言われているので、わざわざ妊娠中に染めなくてもよいと思います。今すぐ影響が出なくても、化学物質は何年も蓄積されて後々表れたりする場合もありますから。流産や奇形などのリスクがないとしても、自分の子供が成長していく過程で全く影響が出たら後悔するので、わたしは染めないです。
産婦人科の先生に絶対ダメと言われました。新聞にも載っていたのですが、妊娠中にヘアカラーをすると子供が成人病になる可能性が高くなるそうです。
白髪染めメーカーの人から個人的に聞いたのですが、妊娠中の白髪染めやヘアカラーは絶対にダメとのことです。薬剤が頭皮から吸収されて血液に取り込まれるそうです。湿布と同じことで、湿布の中には妊婦への使用が禁止されているものもあります。
平気とは聞きますが、やはり刺激の強い化学物質なので気にはなります。大丈夫かもしれないけど後で心配になったり後悔するのが嫌なので、わたしは我慢しました。
妊娠中に産婦人科の先生に相談した所「はっきり悪影響があると発表されてるわけではないけど少し我慢できませんか?」と言われたので白髪染めはやめました。

「経皮毒が心配」という声

やはり口コミで問題とされているのは経皮毒の件ですね。経皮毒とは皮膚から有害な化学物質が吸収されることです。
特に頭皮からの吸収率は腕の3.5倍なのだとか。
皮膚から吸収された化学物質は血液を通して全身に行き渡り、体内に蓄積されると言われています。

薬が皮膚に浸透して血管に入るなんてありえない!という人がいますが、ニコチンパッチやホクナリンテープなど、皮膚から血液に浸透させるタイプの薬はすでにいくつもあるので、皮膚から有害な化学物質が吸収されてもなんら不思議ではありません。

吸収された化学物質がどこにどの程度蓄積されるかなど詳しいことは解明されていませんが、羊水からシャンプーのにおいがしたという経験をもつ産婦人科医は本当にいるようです。

先ほど、胎児への影響は確認されていないと書きましたが、裏を返せば、白髪染めやヘアカラーが胎児にまったく影響がない、絶対に安全であると確認されているわけでもないんです。

「後悔したくない」という声

悪影響があるとも、まったく影響がないとも、どちらとも確認されていないなら、後で後悔したくないから妊娠中は白髪染めはやめておこうと考える人も多いようです。

万一のことがあったとき、あのとき白髪染めをしたからかもしれない…と自分を責め続けるのは嫌ですものね。白髪染めが原因かどうかわからなくても、やっぱり自分を責めてしまうと思います。体に良くないものであることは確かですからね。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

妊娠中の白髪、どうすればいい?

頭皮につかないように染めてもらうとしても・・・

頭皮に保護剤を塗った上で、頭皮からほんの少し間をあけて薬剤をつけてもらえばいいという意見もよく見かけます。
でもこれ、実際問題として不可能なんです。
だって、頭皮につかないように薬剤を塗ってもらったとしても、洗い流すときには少なからず頭皮につきますから。

妊娠中は刺激の強い白髪染めやヘアカラーは使わない、という選択をした場合、ほかにどのような白髪対策があるのでしょうか?

ヘナで染める

化学物質が問題なら、ヘナで染めるという方法があります。
ヘナは植物が原料なので化学物質うんぬんの心配はありませんが、植物アレルギーというのも意外とあるので、念のためパッチテストはした方がいいですよ。

また、ヘナは時間がかかるのが問題です。置き時間だけで1~2時間必要。塗る時間や洗い流して乾かす時間も考えると、ほとんど半日仕事です。
美容院でヘナをしてもらうときは長時間座っていられるかどうかという問題があります。あと独特なにおいもあるので、体調が安定してるときでないとつらいと思います。

パッチテストとにおいを確認して、無理そうならやめるという判断も。
あと、ヘナは体を冷やす作用があるので、対策をしておきましょう。

>>妊娠中や授乳中にヘナで白髪染めをしても問題ない?

白髪染めトリートメントで染める

いま人気の「白髪染めトリートメント」で染めるというのも1つの選択肢です。
白髪染めトリートメントは100パーセント天然の成分というわけではありませんが、地肌についても安全な染料が使われていて、「化粧品」の部類に入ります。

ただし、1回では染まらないので最初は3日連続で、その後は週1くらいで使い続ける必要があります。
といっても、お風呂で簡単に使えますし待ち時間も10分程度なので、一番手軽で一番ストレスがないと思います。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

染めずに隠す

ヘナも白髪染めトリートメントも不安という人は、染めずに隠すという方法があります。
外出時だけ帽子をかぶるとか、部分ウィッグをつけるなど。

白髪隠しといって、ファンデーションやマーカーのようなもので、白髪に色をつけてその日一日だけかくすというものもあります。これなら髪につけるだけで頭皮に浸透することもないので安心です。

ただ、夫には毎日白髪の頭を見られてしまうことになるので、わたし的にはちょっと抵抗ありますけどね。。。
あと、出かける前に鏡とにらめっこして白髪を探して色を塗るのは結構大変です。

安全で、ラクで、なおかつ常にきれいに染まった状態でいられる方法としては、白髪染めトリートメントが一番現実的だろうと思います。