白髪染め後に授乳しても大丈夫?赤ちゃんに影響はないの?

白髪染め後 授乳

妊娠中の白髪染めはお母さんもお腹の中の赤ちゃんにも悪いとよく聞きますよね。
では、白髪染め後の授乳はどうなのでしょう?

白髪染め後の授乳は赤ちゃんに影響があるのか?あるのならどんな心配があるのか?
安心して使える白髪染めってないのか?など授乳中だけど白髪を染めたいママ達の不安を解消します!

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

白髪染め後に授乳しても大丈夫?

産後はホルモンのバランスが崩れることで、白髪が生えるケースが多いんです。
特に、授乳しているママは、栄養分を母乳で赤ちゃんに分けて髪の毛まで行き届かないので、白髪で悩む人は多いようです。

白髪は老けて見えるので、白髪染めをしたいですよね。
でも、白髪染め後に授乳してもいいのでしょうか?

まずは、市販の白髪染めですが、注意として妊娠中の使用は止めるように書かれていましたが、授乳している時の白髪染めに関しては書かれていませんでした。

ただ、白髪染めの注意書きは、「肌のかぶれ」を問題にしています。妊娠中は肌がかぶれやすいため使用してはいけないという意味です。
授乳中のママたちが知りたいのは、肌のかぶれの問題ではなくて、白髪染めの成分が母乳に影響するのか?ということですよね。
だって、母乳はお母さんの血液から作られているのですから、白髪染めの成分が頭皮から浸透していたら、何らかの影響が赤ちゃんに出ないのか気になるところです。

白髪染め後の授乳は赤ちゃんに影響する?

肌についた悪い成分が、皮膚を通して血管に入り込むことを「経皮毒」と言います。
経皮毒を気にしているママ達は多くいます。

白髪染めにも化学物質が配合されているので、その化学物質が血液に入って母乳に伝わったら赤ちゃんにも影響がでるのか心配になりますよね。
実際にニコチンパッチやぜんそくのホクナリンテープなど経皮吸収型の薬は皮膚を通して改善させますものね。

ということは、悪い成分も皮膚に浸透している可能性はあるということになります。
でも、化学的に悪影響があるとは立証されていないんです。

矛盾している気がするのは私だけでしょうか。
しかし、悪影響があると立証されていない反面、絶対に悪影響を与えないということも立証されていないので、不安がある人は有害物質が配合されていない安心できる白髪染めで染めるようにするのがいいと思います。

>>【安全】授乳中・妊娠中でも使える白髪染めおすすめランキング

心配な人におすすめのセルフカラーとは?

経皮毒が心配なママ達におすすめなのが「カラートリートメント」です。

白髪を染める多くの人が使用しているのが「ヘアカラー」なのですが、ヘアカラーにはジアミン染料が配合されています。
ジアミン系の染料は、白髪が1度の使用で染まるのですが、刺激が強く頭皮や髪を傷めてしまいます。
また、アレルギー反応を起こしてしまう恐れもあるので、授乳中にはおすすめできない白髪染めです。

その点、ヘアカラートリートメントはジアミンなどの劇薬は一切配合されていなく、しかもトリートメント効果も一緒に得られます。
出産後で授乳中のママは、体質が変わっていたり肌が敏感になっているので、安心して使用できる白髪染めを使うのが良いと思います。